• メメント・モリ -西洋美術の謎と闇-

    ダークサイドの西洋美術にまつわる絵画や展覧会、グッズ情報をご紹介。

    名古屋のクリマの出展が無事に終了しました。ブースに来て頂いた方、ご購入された方、本当にありがとうございました!

    2017年「日展 東海展」へ行ってきました。正直な感想と、応募数と入選者の考察

    日展 - コピー

     「日展」は日本美術展覧会の略称で、明治40年から始まった由緒ある大規模な展覧会です。
     現在、愛知県美術館ギャラリー8階にて「日展 東海展」が行われていたので、行ってきました!この展覧会は2017年2月12日(日)まで行われております。また、この後「日展 大阪展」が2017年2月18日(土)~3月20日(月)の間、大阪市立美術館で開催され、「日展 富山展」が2017年4月15日(土)~5月7日(日)の間、富山県民会館美術館で開催されます。
     行ってみての感想と、入選点数の考察を書かせていただきます。


    bottan_03_01

    おいで子供たち。町の子を連れて消えてゆく、ハーメルンの笛吹き男の絵画10点

    1881 by James Elder Christie - コピー

     ハーメルンの笛吹き男は、1284年にドイツの町で起こったとされる出来事が伝承になったものです。
     昔々、ハーメルンという町でネズミが大増殖をし、人々は酷く困っていました。そこへ、カラフルな衣装を着て笛を持った男が現れ「報酬をいただけるのなら、問題解決しましょう」と言ったので、町の人々は喜んで承諾しました。男が笛を吹くと、なんと大量のネズミが集まってくるではありませんか。笛吹き男が川の方へ歩いていくと、ネズミは一匹残らず川へ落ちてしまいました。
     しかし、ハーメルンの人々は約束を破り、報酬を払いませんでした。男は何も言わずに姿を消したものの、6月26日に再び姿を現し、笛を吹きながら町を歩きまわりました。すると、家の中から次々と子供たちが現れ、男の後をついていきました。130名の子供たちはそのまま笛吹き男の後ろへ続き、忽然と姿を消してしまったのです。
     このミステリアスな伝承は700年以上に渡って語り告がれ、多くの芸術を生み出しました。ハーメルンの笛吹き男を描いた絵画(イラスト)を10点ご紹介いたします。


    bottan_03_01

    【絵画11点】トリニティ顔。神とキリストと聖霊が三位一体となり、頭に三つの顔を表現

    1500, Netherlandish School -

     三位一体。それは「神 (父)」「キリスト(子)」「聖霊」の三体を合わせると、「唯一神」となると言った考え方です。
     キリスト教は唯一神の宗教です。多神教の神は悪魔とみなし、キリスト教の教える神のみが「神」と考えておりました。しかし、キリスト教徒はふと考えました。キリストは神の子なら神か?自らの内に住んでいる聖霊も神?いや、世界を支配している神こそ神じゃないのか?あれ、三人も神がいるぞ!この問題は様々に解釈され、ほとんどの思想は異端とされました。
     こうして考え出された結論が「三位一体(トリニティ)」でした。全て一緒にしてしまえばいいじゃん!という訳です。三つの物が合体して大きなロボットになる!と言った感じです。神、キリスト、聖霊は三つで一つとなり、これを完璧なる神の象徴として多くの画家に描かれることになりました。
     この三体を別々に描く者もいましたが、これらを一つとして表す為に「一つの頭で三つの顔」として描く者もいました。トリニティな作品11点をお楽しみください。


    bottan_03_01

    有名絵画275作品!? 東京で2017年3月まで開催の展覧会「富士美の西洋絵画」展

    チラシ - コピー

     2017年1月5日(木)~3月20日(月)まで、東京富士美術館で「とことん見せます!富士美の西洋絵画」展が開催されております。当美術館が33年かけて収集した、イタリアのルネサンス絵画、フランドル絵画、フランスのロココ、新古典主義、ロマン派、20世紀絵画など、全202作家、275点が一気に展示されます!これは日本国内でも最大規模となる展覧会です。八王子市100周年記念の為、この展覧会が企画されたとか。私、こんな凄い作品数の展覧会を見たことがないです・・・。
     しかも、全然知らない絵画ではなく、この絵画教科書で見たことがある!この画家知ってる!という作品が多く展示されます。展覧会概要と、作品の一部をご覧ください。


    bottan_03_01

    【絵画10点】生皮を剥がされた十二使徒。聖バルトロメオは皮剥ぎの刑となり殉教した

    Portuguese School (attributed to) - コピー

     聖バルトロメオは聖バルトロマイとも呼ばれ、キリスト教の聖書に登場する十二使徒の一人です。
     伝承によると彼はタダイと一緒にアルメリアへ行って宗教を広めたとされ、この地方では篤く信仰されています。しかし、聖バルトロメオも他の聖人の例に漏れず、アルメリアで殺害されて殉教してしまいます。しかも殺され方が残虐で、身体の皮を丹念に剝がされてから首を落とされたとされています。
     生きたまま皮を剥がされる聖バルトロメオを多くの画家が描きました。閲覧注意の作品を10点お伝えします。
     

    bottan_03_01

    イサクの犠牲の絵画11点。神へ捧げる生贄は息子。旧約聖書の苦悩と感動の逸話

    The Sacrifice of Isaac by Pedro Orrente - コピー

     イサクの犠牲はイサクの燔祭(はんさい)とも呼ばれ、旧約聖書の物語の一つです。
     ある日、アブラハムは息子イサクを生贄にせよ、と神託を受けました。信仰する神のお告げは絶対ですが、イサクは年老いてもうけた一人息子であり、非常に愛していたので、アブラハムは深く苦悩しました。悩んだ末、彼はロバに鞍を付け、愛すべきイサクを連れて神の命じられた場所へ向かいました。イサクは「どうして捧げ物の動物がいないの?」と問いかけるものの、父は「神がきっと授けてくださる」と言うだけでした。
     生贄を捧げる場所へ到着し、アブラハムは息子を縛って祭壇の上へ寝かします。イサクはすでに事情を察しており、悟りきった様子で成すがままになっていました。苦悩を抱えたまま刃物を握り締める父。そして、アブラハムは息子に向かって凶器を振り上げ・・・。
     イサクの犠牲を描いた傑作の数々をご覧ください。


    bottan_03_01

    【絵画11点】ギリシャ神話の色男アポロン。美女ダフネに恋をし、ストーカー狂となる

    Michele Rocca 18th - コピー

     ギリシャ神話に登場するアポロンは詩や音楽の神で、主神ゼウスの息子です。彼は理想の男性像とされ、かなりの美男子でした。
     ある日、アポロンは愛の神エロスに向かい「お前なんかが弓を持つなよ」と馬鹿にしました。エロスは怒り、彼の胸には情熱の矢を、テッサリアの娘ダフネの胸には拒絶の矢を打ち込みました。アポロンはたちまち強烈なる愛情を抱きましたが、彼女は強い嫌悪を抱きました。愛の文句を叫びながら追いかけてくるアポロンに対し、彼女は全力で逃げ続けます。しかし、どこまでも追いかけてくるアポロン。彼女の体力は限界に近付き、遂に父親に「私の姿を変えてください!」と懇願します。河の神である父は願いを受け入れ、彼女を月桂樹に変えてしまうのです。
     この物語はギリシャ神話の中で有名な話で、多くの画家が作品を描きました。嫌がるダフネとストーカーのアポロンをご覧ください。


    bottan_03_01

    女性の胸はそこじゃない絵画10点。マリアのお乳を飲むキリストの聖母子像が少し変

    Robert Campin, The Master of Flemalle, 1400 - コピー

     キリスト教の聖母子像の中で、母マリアが幼児キリストに授乳している絵画があります。
     その多くは慈愛に溢れ、母と子のほほえましいものであったり、神秘的な雰囲気をたたえているものであったりしますが、たまに「あれ、女性の胸ってこんな位置だっけ?」と思うものがあります。胸を象徴として捉えているか、リアルじゃいかん!という中世時代の禁欲的な考えなのか。
     神聖な聖母子像だけど、女性の胸がなんだか違うという作品をご覧ください。


    bottan_03_01

    オランダの諺は風刺に満ちていた。ブリューゲル作の「ネーデルラントの諺」10選

    Pieter_Brueghel_the_Elder_-_The_Dutch_Proverbs_ - コピー

     「ネーデルラントの諺(ことわざ)」は1559年に、画家ピーテル・ブリューゲル(父)よって描かれました。
     ネーデルラントは現在で言うオランダ、ベルギー辺りの国であり、ブリューゲルはそこのブラバント公国出身でした。ネーデルラントには日本と同じように、人生を生きる為の知恵とも言える諺が多く存在します。ブリューゲルは諺を一枚の絵画に詰め込みました。その数は判明しているだけで約85種あり、そのどれもが風刺と皮肉がエッセンスとして盛り込まれています。
     厳選した10個の諺をお伝えいたします。


    bottan_03_01

    2017年2月開催の「バロックの巨匠たち」展。ブリューゲルとレンブラントと…!

    無題2

     2017年2月8日(水)~3月28日(火)の間、兵庫県の姫路市立美術館で「バロックの巨匠たち-ブリューゲル、レンブラント、ルーベンス」が開催されます!
     ルネサンスの後に花を咲かせたバロック芸術は、様々な巨匠を生み出しました。今回の展覧会はレンブラント、ルーベンス、ベラスケスといった有名な巨匠の作品に加え、ブリューゲル一族やヴェネツィア派であるティツィアーノの傑作も出展されます。その数約44点。歴史画、肖像画、風俗画などのジャンルを主に、歪んだ真珠と言われるバロック時代の絵画の魅力を最大限に伝える展覧会となっております。
     出展される作品を見ていきましょう!(2017年 2月13日追記)


    bottan_03_01
    プロフィール
    aicon

    管理人:


    中世ルネサンスのシュールな絵画をこよなく愛する。
    師匠はヒエロニムス・ボス。
    神秘とダークな作品情報を皆様と共有していきたいと思います。

    button

    メメント・モリについて

    アーカイブ
    記事検索
    記事検索
      PR
    【異形の怪物LINEスタンプ】
    line logo2


    ブログランキング・にほんブログ村へ

    ―最新記事をお届け―

    buttons

    buttons - コピー (2)

    buttons - コピー

    PC用広告