Fra_Angelico_009

 「最後の審判」という言葉はゲームや本で聞いたことがあるのではないでしょうか。
 最後の審判はキリスト教を筆頭に、ある種の宗教が持つ終末論的観念で、世界の終焉が訪れて破滅した後に神が降臨し、全人類の罪を神が審判し、天国か地獄行きか決めるという信仰です。すべての死者が墓から蘇り、天使ミカエルの天秤によって罪を図られるのです。天国行きの者は楽園で永遠の生と喜びを約束され、地獄行きの者は永遠の苦痛を与えられます。生前に罪を犯しているか否かで判定されるので、中世の人びとはどうにかして天国へ行きたいと、様々な努力を行いました。
 画家たちも最後の審判に多大な興味を示し、多くの画家が作品を残しています。大体の作品が中央に神、左に天国、右に地獄の構図になっています。
 では、神の審判である作品、14点を見ていきましょう。


PR
 

「ロヒール・ファン・デル・ウェイデン 15世紀」
美しい祭壇画。神とミカエルの両側に使徒や聖人たちが囲み、
ミカエルは天秤を持ち、墓から出て来た人間の魂の重さを図っています。
→ ウェイデンの絵画をもっと見たい方はこちら
rogier_van_der_weyden_001

「ハンス・メムリンク作 15世紀」
こちらもミカエルと神が美しい祭壇画。
魂が軽いと判定された人々は地獄へ送られます。
→ メムリンクの絵画をもっと見たい方はこちら
Das_Jüngste_Gericht_(Memling)

「フラ・アンジェリコ作  1432‐1435年」
真ん中の棺を境に人間の行方が真っ二つに分かれています。
右下ではルシファーのような悪魔が人間を喰らっています。
Fra_Angelico_009

「ジョット・ディ・ボンドーネ作 14世紀」

スクロヴェーニ礼拝堂の壁画。
教会の礼拝を終えて帰り道にこれが見えるので、信仰者は
「ああ、善行を積まなきゃ・・・」と思うのです。
→ ジョットの絵画をもっと見たい方はこちら

maxresdefault

「シュテファン・ロッホナー 15世紀」
悪魔と天使が人間の引っぱりあっこをしています。
悪魔の目がつぶらでずんぐりむっくりで、可愛らしく見えます。
Stefan_Lochner_-_Last_Judgement_-_circa_1435

「作者不詳 17世紀のイコン」
悪魔の口の中が地獄の入口という絵画もしばしばあります。
→ 地獄の口 ヘルマウスについて知りたい方はこちら
MHS_Sad_Ostateczny_XVII_w_Lipie_p

「ヒエロニムス・ボス派作 15-16世紀」
つい最近までボス作と思われていた作品。
ほとんどが地獄状態で、天国へ行ける者はごくわずか。
→ ボス派やボス工房の絵画をもっと見たい方はこちら
Bosch_laatste_oordeel_drieluik

「ヒエロニムス・ボス作 16世紀」
こちらはボス真作。左側が楽園追放で、地獄行きの者が大半です。
一説には天国へ行けるのは、三万人に二人とされていたり・・・。
→ ボスの絵画をもっと見たい方はこちら
最後の審判全体

「ヤン・ファン・エイク作 15世紀」
祭壇画の扉絵右側。壮大なスケールの最後の審判です。
骸骨さんが区切りとなって地獄行き。怪物がひしめいています。
→ ファン・エイクの絵画をもっと見たい方はこちら
Jan_van_Eyck_-_Diptych_-_WGA07587,_right_panel

「ルーカス・クラナッハ 16世紀」
穴の奥が地獄で、天国は天界だから雲で囲う。
なるほど!といえる構図。世界観もシンボルで表すとこうなるんですね。
Lucas Cranach the Elder

「ミケランジェロ・ブオナローティ作 16世紀」
知らない人はいない超有名作品。最初は丸裸で描いたため、
後からダニエレ・ダ・ヴォルテッラという人が布を書き足しました。
それ故彼は「ズボン作り」というあだ名が付いたとか・・・。
Michelangelo_Buonarroti_-_Jugement_dernier

「ティントレット作 16世紀」
人間の躍動感が半端ないです。オレンジパンツのミカエルの
ポーズが格好が凄い。マニエリスムを受け継いでいるだけありますね。
tintoretto_thelastjudgment

「ピーテル・パウル・ルーベンス作 17世紀」
ルーベンスと聞くとネロを思い出す私。
結構豊満な肉体なんですよね、ルーベンス。でも、嫌いじゃないです。
rubens_judgement00

「ウィリアム・ブレイク作 18世紀」
幻想画家ブレイクの最後の審判はやっぱり個性的。
一目見ただけで分かるので、そんな強烈な画風が欲しいです。
The_Grave_object_12_The_Day_of_Judgment

 同じモチーフでも時代や作者によってこんなに違うんですね。半々に分かれている絵画もあれば、大半の者が地獄行きの絵画も・・・。でも、天国行きが多めの絵画はあまりないように思います。(ルーベンスの絵はそれっぽいですが)昔の画家たちも、人間の性というものを理解してらっしゃいますね。真面目に生きる人生は難しいです。

ヨハネの黙示録の絵画を見たい方はこちら


  PR