monsudesideriodenome

 崩れゆく聖堂に、朽ち果てた廃墟。白く浮かび上がる彫刻群は白々しく鑑賞者を見据える。燃え上る業火はすべてを焼き払い、世界を灰塵に帰す・・・。これが、モンス・デジデリオの作品イメージです。とにかく崩壊していく建物、廃墟の作品が多く、このような幻想建築を描いた作品は類をみません。作品からはメメント・モリやヴァニタスの哀愁が漂っているように感じます。
 17世紀の廃墟の画家、モンス・デジデリオの作品9点をご覧ください。


PR
 

「偶像を破壊するユダ王国のアサ王」
左下にいる人物がアサ王でしょうか。彼の右側で聖堂が派手に崩壊しています。
デジデリオの作品は建物重視で、人物がおまけ程度となっています。
monsu-desiderio-catedral

「トロイアの炎上」
ギリシア軍に敗北し、倒壊していく町。中央にトロイの木馬らしきものも
ちゃんとあります。
05monsu024

「トロイアの崩壊」
こちらは木馬、ギリシア軍、逃げるトロイア市民などがびっしり描き込まれています。
上の作品より緊迫感が増しているように思えます。
monsu-desiderio2

「ソドムとゴモラの崩壊」
快楽により堕落しているとして、神に滅びの炎を与えられた町。
もう町全てが焼け焦げています。
monsu-desiderio4

「ソドムの町から逃れるロトとその家族」
炎上している中を逃走中。ロト達は無事に逃げおおせられますが、
ロトの妻は町を振り返った為に塩の柱になってしまいました。
monsu-desiderio sodm

「バベルの塔」
人々は神に近づこうと、天よりも高い塔を作ろうとしたものの、
神が人類の言語を多様化した為に頓挫してしまった。
monsu-desiderio babel

「聖堂のダヴィデ」
イスラエルの王ダヴィデですが、彼の周囲には朽ち果て気味の像や、
骸骨が取り巻いています。この先のユダヤの苦難を表現しているのでしょうか・・・。
05monsu004

「地獄」
手前にヴィーナスとネプチューンと思われる人物がいて、右に死神と悪魔、
奥には阿鼻叫喚の地獄が繰り広げられています。
monsu-desiderio3

左寄り中央のアップ。良い体をした死神さんが個人的に素敵です。
monsu-desiderio

 ソドムとゴモラ、トロイアの崩壊など聖書や神話の破滅シーンを繰り返し描いているデジデリオ。この画家は長らく謎の存在でしたが、20世紀に調査した結果、17世紀の画家フランソワ・ド・ノームとディディエ・バッラの共同ペンネームだということが濃厚となりました。一人の画家ではなく、二人で作品を創作していたのです。どこの部分をどちらが描いたなどはよく分かりませんが、バベルの塔が共同作品として一番際立っているようです。
 世界の崩壊や破滅は恐ろしいことですが、同時にある種の美しさも感じられます。彼らはそれに魅入られてしまったのではないでしょうか。



  PR