Michael and the Dragon by Antonio del Pollaiuolo

 聖書で有名な物語として、大天使ミカエルが反逆したサタン(ルシファー)と戦い、地の底へ突き落した話があります。天使であったサタンは傲慢の心が芽生え、他の天使たちと共に神に謀反しました。神は大天使ミカエルを呼び、サタンに対抗させました。一説にはサタンとミカエルは双子の兄弟であったとされています。二人は激しく戦い、ミカエルが勝利をおさめます。敗北したサタンは堕天使となり、地の底へ封印されてしまいました。
 このエピソードを元に画家たちは想像の翼を広げて絵を描きます。聖なるミカエルと邪悪なサタン。宗教的な影響もあり、殆どの画家はミカエルに肩入れし、サタンをこてんぱんにやっつけている絵画を描きます。それでは圧倒的戦闘力を誇るミカエルと、悲惨すぎて可哀想なサタンを見ていきましょう。


PR
 

「アントニオ・デル・ポッライオーロ作 15世紀」
こちらは戦闘中のお二方。サタンが竜の姿で描かれていますが、
いまにもやられてしまいそうです。
pollaiuolo-antonio-del-st-michael-and-the-dragon

「ラファエロ・サンツィ作 1505年頃」
首を踏み付けて、勝利ポーズ。サタンのおげぇー!って表情が可哀想。
Raphael

「Master of Saint Verdiana作 15世紀」
槍にかじりついて最後の抵抗を試みていますが、
血だらけで無駄な抵抗に終わっています。
 Michael defeating the Dragon by Master of Saint Verdiana

「スペインの画家」
腹を踏み付けて余裕の表情。サタンの姿が小動物みたいで可愛らしい。
もう弱い者いじめにしか見えません。
St__Michael_and_the_Dragon_by_unknown_Spanish_artist

「グイド・レーニ作 17世紀」
こちら珍しい、ごついおっさんのサタン。
我にひれ伏すがいいといった風情で頭を足蹴にしています。鬼畜です・・・。
Guido_Reni_031

「カルロ・クリヴェッリ 15世紀」
画面のほとんどを占めるミカエルに、小悪魔風なサタン。
踏んづけられて、ぎょえっといった感じです。
Carlo_Crivelli

スペインのバルバストロにある美術館所蔵の作品  中世時代」
流し目で余裕の表情を浮かべるミカエル様。サタンは天秤にかぶり
ついて微々たる反抗をしていますが、腹と足を踏まれて痛そうです。
なんか赤いパンツと丸まった尻尾が悲壮感を漂わせます。
 Carlos Gil

「ジョス・リフェランクス作 15-16世紀」
個人的に一番好きなミカエル様。
余裕の微笑みと口の中に足を突っ込む鬼畜感。
心臓に槍が突き刺さっているし、追放のはずが殺る気満々です。
Lieferinxe, josse_st michel et le dragon

「ウィリアム・ブレイク作 1805年」
全力の首絞め攻撃に、悲鳴を上げるお魚姿のサタン。
哀れがしな表情が悲壮感をかもしだしています。
Michael Binding Satan by William Blake

 キリスト教圏の絵画なので仕方がないといえばそうですが、サタンの扱いが雑魚すぎて可哀想に思えてきます。象徴的に見れば善の勝利を意味しているので、圧勝の方がいいのでしょうけれど、余裕で微笑んでいるミカエルの方が腹黒く見えるのは、私の心が荒んでいるからなのでしょう。きっとそうです、多分。



  PR