Martin Schongauer Temptation Of St Anthony2

 聖アントニウス(アントニヌス、アントニーとも)は251年にエジプトに生まれ、キリスト教徒として生きた聖人です。
 20歳の頃両親と死別し、隠遁者として砂漠で瞑想と苦行に身を投じました。苦行中に悪魔が現れ、彼をどうにか堕落させようと豊満な女性の幻覚を見せたり、掴みかかって恐喝したりします。アントニウスはそれでも悪魔に屈せずにキリストを信じ、人々に信仰を伝え続けました。こうした逸話が広がりに広がって、多くの画家に描かれることになります。今回はフルボッコ作戦を決行する作品を見ていきましょう。
お色気作戦を見たい方はこちら


PR
 

「マルティン・ショーンガウアー作 15世紀」
この作品がフルボッコされるアントニウスの火付け役。
怪物に引っ張られても冷静な姿と構成に、様々な画家が参考にします。
Martin Schongauer Temptation Of St Anthony

「ミケランジェロ・ブオナローティ作 15世紀」
彼が13歳の時の作品。
元絵よりアントニウスの表情は険しげになっています。
 Anthony  Michelangelo

「Jan Mandijn作 16世紀」
持久戦的な感じで、周囲からじわじわと追い詰めています。
ボスに影響を受けた事が全面に出ております。
Jan Mandijn - The Temptation of Saint Anthony

「マティアス・グリューネヴァルト作 イーゼンハイムの祭壇画部分 16世紀」
怪物のリンチ感が凄まじい作品。髪をひっつかまれて、これ以上禿げて
しまったら可哀想です。この後の生存が危ぶまれますね。
MatthiasーGrünewald2

「Bernardino Parenzano作 15世紀」
悪魔たちが棍棒を使ってじいちゃんをいたぶっています。
アントニウスの表情は冷静なのか、半ば失神しているのか・・・。
Tentations-de-Saint-Antoine_Bernardino-Parenzano

「マールテン・ド・フォス作 16世紀」
ジェットコースターに乗っているかのような、スピィーディーなリンチです。
下では半分死にそうな自己を精神力で守護しています。
Maarten de Vos - The Temptation of Saint Anthony

「サルヴァトール・ローザ作 17世紀」
異形の悪魔が襲い掛かって来たところを、十字架で牽制。
受け身ではなく反撃に出ることができた聖アントニウス。
The temptation of Saint Anthony, Salvator Rosa, 1645

「マックス・エルンスト作 20世紀」
トラウマになりそうなどきつい作品。鼻の穴(?)に手を突っ込んでいる
悪魔とひげを持っている悪魔がキモい。いや、聖人が一番恐い。
The Temptation of Saint Anthony, 1945 - by Max Ernst

 個人的に、聖人を描いた作品の中で「聖アントニウスの誘惑」が一番描かれているような気がします。どんな困難にも耐え、打ち勝つ聖アントニウスにあやかりたい!という気持ちなのか、大量の怪物を描きたいのか。画家の意見が分かれるところででしょうか。・・・聖人も大変ですね。



  PR