大塚国際美術館

 ミケランジェロの大作「最後の審判」。本当ならイタリアのシスティーナ礼拝堂へ行かなければ会えません。ですが、ちょっと待ってください。日本の徳島県にある大塚国際美術館へ行けば観られるんです。写真のように、最後の審判が間近に観られるんです!大塚国際美術館は日本最大級の常設展示スペースを有する美術館で、全て偽物である代わりに、世界中の名画が1000点以上原寸大で展示されています。美術館の人気ランキングで常に上位にいるという、大塚国際美術館。その魅力を探ってみたいと思います。


PR
 

大塚国際美術館2

え、写真写して触ってもいいの?

 普通の美術館では写真NG、触るなんてご法度です。学芸員の方がにっこりと見張っています。ですが、大塚国際美術館は写真もOKですし、触ってもOK!絵画ににじり寄って、超間近で見られます。
 作品をよく見ると継ぎ目があり、陶器の板に印刷されているのが分かります。作品全てが陶板印刷なんです。耐久性がかなりあり、2000年は持つそうなので、本来できないことができちゃうんです。

空間まるごと再現しちゃいました

 普通の美術館では部屋一つを使って企画展を行うのは、余程のことがない限り行いません。あったとしてもせいぜい一つか二つ。ですが、大塚国際美術館は違います。
 教会の内部、墓の内部、モネの大睡蓮、ダヴィンチの最後の晩餐の空間などなんでも再現してあります。最大なのはミケランジェロの最後の審判。広すぎて圧巻でした。また、祭壇画も再現してあり、ヒエロニムス・ボスの快楽の園は時間で開閉するんです!最初観たとき本当に驚きました。グリューネヴァルトのイーゼンハイムの祭壇画も忠実に再現してあり、素晴らしかったです。

西洋美術の時代とテーマが丸わかり

 普通の美術館ではボリュームの問題があり、時代の一部しかカバーできません。ですが、大塚国際美術館では古代、中世、ルネサンス、バロック、近代、現代と全ての時代の作品が展示されており、一つの時代に100点以上あります。年代別に配置してあって分かりやすいですし、だまし絵や生と死、時間などのテーマ展示もあって非常に楽しいです。


大塚国際美術館3


 私も数年前に大塚国際美術館へ行ったのですが、 本当に楽しかったです。ここの醍醐味は、やはりたくさんの名画が見られるというところです。まるで西洋美術史の教科書を原寸大の作品で観ているかのようです。当事者となって空間に入り込むことで、得られるものが圧倒的に違うと思いました。西洋美術が好きな方も、あまり興味がないなぁという方も、ぜひ足を運ぶことをお勧めします。

 一つ気を付けることは、広すぎて時間を忘れてしまうことです。私の場合は開館と同時に入って閉館までいたのですが、回りきれずに現代作品を吹っ飛ばす羽目になってしまいました。悲しいことにダリとかエッシャーとかほとんど見ていません。ゆっくりじっくり見たい方は二日目も覚悟しましょう。あと、入館料は一般3240円とちょっとお高めで、美術館に到着するまでの道のりが超長いということもあります。私は夜行バスで徳島県鳴門市まで行き、そこからバスで延々と乗り継ぎました。もう少し便が良いと完璧なんですけどね・・・。ですが、もう一度行きたい!あの名画にまた会いたい!と思える美術館です。ボスにまた会いたいなぁ・・・。

<公式HPはこちら>



  PR