Bruegel1

 ブリューゲル一族は16世紀-18世紀に活躍したフランドル(ネーデルラント)の画家の家系。
 ピーテル・ブリューゲルやらヤン・ブリューゲルやら同名が多すぎるので、基本(父、子)(老、若)などで区別されます。最も有名なのはピーテル・ブリューゲル(父)で、その息子や孫、更には曾孫も画家になっております。今回は有名からマイナーまで、画家になったほとんどのブリューゲル一族を紹介したいと思います。その数8名。
 ややこしい家系もこれですっきり解決です!


PR
 

ブリューゲル一族は以下のようになっています。
他にも姉妹がいますが割愛させていただきます。
------------------------------------------
ピーテル・ブリューゲル(父)

ピーテル・ブリューゲル(子)
ヤン・ブリューゲル(父)

ヤン・ブリューゲル(子)
アンブロシウス・ブリューゲル
ヤン・ピーテル・ブリューゲル

アブラハム・ブリューゲル
ヤン・バプテスト・ブリューゲル
----------------------------------------


ピーテル・ブリューゲル(父)  (1525頃 - 1569)

ブリューゲル一家の中で一番有名な画家。
「農民の画家ブリューゲル」と言われ、農民の踊りやネーデルラントの諺、
雪中の狩人など地域に密着した作品を多く残しました。
また、死の勝利や反逆天使の墜落を描いたのもピーテル(父)です。
2017年に日本にやってくるバベルの塔(下図)も彼の作品。→ 詳しくはこちら

「バベルの塔  1568年頃」
babel

「雪中の狩人  1565年」
Bruegel1 - コピー

「死の勝利  1562年頃」
Pieter Bruegel


ピーテル・ブリューゲル(子) (1564-1636)

ピーテル(父)の長男。彼が五歳の時に父親が亡くなりましたが、祖母も
画家だった為、彼女に絵を教わりました。父の模写を行った他、農民の
生活や風刺画を描きました。かつては「地獄の画家」と呼ばれていましたが、
それは誤解で、弟のヤンの作品と勘違いされた為でした。

「家賃集めの者たち 1615年」
Pieter Brueghel the younger

「へつらい  1592年」
Pieter Brueghel the younger2

「大乱闘  1610年」
Pieter_Brueghel_II_-_A_country_brawl


ヤン・ブリューゲル(父)  (1568 - 1625)

ピーテル(父)の次男。ヴァニタスを思わせる花を描いた為、
「花のブリューゲル」などと呼ばれます。兄と違って彼は父の摸倣を
せず、花や風景画を描いて独自のスタイルを貫きました。地獄の絵画を
描いたのは実は彼。「花であり地獄の画家」であるわけです。

「陶製の花瓶の花  1620年」
Jan_Brueghel_de_Jongere

「オルフェウスの冥界下り 1594年」
Jan Brueghel The Elder -1594

四季擬人化と果実ガーランド  1615 - 1618」
Jan Brueghel de Oude6


ヤン・ブリューゲル(子)   (1601 9/13  – 1678 9/1)

ピーテル(父)から見たら孫。ヤンがヤンと名付けました。
ヤン父さんに似て、風景画や寓意画を多く手がけました。
ただ、父のサインを使って作品を描いており、画力的には
やや父に及ばない部分があります。

「花や草木に囲まれたフローラ 17世紀」
Brueghel_-_Flora


アンブロシウス・ブリューゲル  (1617 - 1675)

ヤンの弟。風景画を得意としたバロック画家。父の画風と似ていますが、
ルネサンスの雰囲気が薄れ、新しい風が舞い込んできています。

「聖母マリアとキリスト  17世紀」
Ambrosius_Brueghel_-_Holy_Virgin_and_Child


ヤン・ピーテル・ブリューゲル  (1628 – 1664)

爺さんと父さんの名前をくっつけたようです。ヤン、アンブロシウス兄弟の三男。
彼も花の静物画を好んで描いた画家だったようです。

「花に囲まれたアメリカの擬人化  1650 -1677」
Jan_Pieter_Brueghel


アブラハム・ブリューゲル  (1631 - 1690)

ヤン・ブリューゲル(子)の息子。彼は自らの画力を上げるため、
18歳でイタリアへ移住しました。彼も花の静物画を多く描きました。

「果物を持つ女性  17世紀」
Woman_Grasping_Fruits_-_Abraham_Brueghel


ヤン・バプテスト・ブリューゲル   (1647 – 1719)

アブラハムの弟で、花を描いた画家とされています。情報が少なく詳細は
不明ですが、ローマへ渡ったと言われています。下記の作品も彼のもの
かは判然としませんが、掲載させていただきます。

brueghel_jan_baptist-stilleben_mit_früchten_und_blumen



【おまけ】 ダフィット・テニールス(子)  (1610 - 1690)

ヤン・ブリューゲル(子)の妹アンナ・ブリューゲルと結婚したのも画家。
農民を描いた大衆画が主で、宗教画、風刺画、寓意画など幅広く
手がけています。彼の息子もまた画家になったとか。彼の名前にも
(子)が付いているので、お父さんも画家なのでしょう。

「酒を飲む王様 1634-1640頃」
David_Teniers_(II)_-_Twelfth-night_(The_King_Drinks)

 個人的にはピーテル(父、子)ヤン(父)くらいしか知らず、一族といってもそこまでいないだろうと思っていました。しかし、調べてみると出るわ出るわ。本当にブリューゲル一族は代々に渡って画家だったんだなぁと実感しました。なんだか一族で時代の移り変わりが分かるような気がします。画家は当時、職人としての仕事だったから受け継がれていったんでしょうね。文献によると、ヒエロニムス・ボスの父親、祖父も画家だったようなので、画家を継ぐのはポピュラーだったのかもしません。
 ピーテル(子)は「地獄の画家」と言われている割には地獄描いて無いなぁと思っていたので、疑問が解決できて良かったです。




  PR