Radical Fashion from the Schembart Carnival (1590)1 - コピー

 Schembart Carnival (仮面仮装カーニバル) と呼ばれるお祭りは、1449年から1539年までドイツのニュルンベルクで行われていました。
 木製のヒゲ付き仮面を被るのが通例のようですが、人々はお構いなしに様々な派手衣装に身を包みます。街は音楽、歌、食べ物と飲み物で溢れかえり、人々は「地獄」と呼ばれる道を行進し、政治家、権力者、政府を大声でからかいました。今回紹介するのは1590年に創刊されたカーニバルに関する本の挿絵。
 派手でシュールなデザインの衣装をご覧ください。


PR
 

謎のおたまじゃくし模様と、紅白歌合戦のようなツートンカラー。
Radical Fashion from the Schembart Carnival (1590)1

ベルセルクのグリフィスのようなロン毛に、植物柄の白衣装。
Radical Fashion from the Schembart Carnival (1590)2

手に持っている緑のふさふさは祭りで使うものだとは思いますが、
詳しいことは不明です。知っている方、ご教授ください。
Radical Fashion from the Schembart Carnival (1590)3

お花柄の衣装に、道化のようなカラフル衣装。
Radical Fashion from the Schembart Carnival (1590)4

緑のふさふさからめちゃ煙が出ています。燃やして使うのかな?
花火みたいなものなのですかね・・・。
Radical Fashion from the Schembart Carnival (1590)5

左はなかなか格好良く見える衣装。右はポーズが決まっています。
Radical Fashion from the Schembart Carnival (1590)6

右のボンレスハムみたいな腕は窮屈じゃあないのだろうか・・・。
Radical Fashion from the Schembart Carnival (1590)7

頭がハウス!ハウスから煙!シュールな全身真っ赤男現る。
Radical Fashion from the Schembart Carnival (1590)8

東洋風のコスプレと、もはや着ぐるみを着用。悪魔に扮してカーニバル。
Radical Fashion from the Schembart Carnival (1590)9

全身びらびら男と、全身サイコロ男。サイコロとか動けんでしょうよ!
Radical Fashion from the Schembart Carnival (1590)10

全身シリーズ。クジャク男に、鈴男。じゃらじゃらやかましそうです。
Radical Fashion from the Schembart Carnival (1590)11

こちらも似たようなコンセプト。
金色の物は石に見えるけれど・・・。絶対に重いですよね?
Radical Fashion from the Schembart Carnival (1590)12

レター男現る。全身を何かで埋め尽くしたくなる衝動が?
悪魔の仲良し親子が農具を持って歩いてます。
Radical Fashion from the Schembart Carnival (1590)13

鳥と豚に扮装した人。あらわになった胸は本物じゃないよね・・・。
振り廻してる子供も本物じゃないよね。よくできた人形だよね・・・。
Radical Fashion from the Schembart Carnival (1590)14

森の住人夫婦。これってコスチューム?緑色のなんかを塗ってるだけ?
大事な部分がちゃんと隠れていますかね・・・。
Radical Fashion from the Schembart Carnival (1590)15

 こういった衣装を着た人がうようよと道を歩き、飲み食いして権力者をからかっていたのだから、カーニバルは相当シュールな光景だったのでしょう。カーニバルが1539年に終了してしまったのは、街の説教者 Osiander をからかい、彼を怒らせてしまった為と言われています。
 しかし、カーニバル
は1974年に復活し、不定期ながら現在でも行われているそうです。

出典元の本「Nürnberger Schembart-Buch」を見たい方はこちら


こちらが現代におけるお祭。
すごい!本の一番目の衣装が忠実に再現されています!
こんなカーニバルに一度でもいいから行ってみたいです。
schembartlauf




  PR