ボスのモンスターブック -

 最近、ヒエロニムス・ボスの怪物に関する本「ボスのモンスター・ブック」を購入しました!
 こちらの本は2016年9月に小学館から発売されたもので、ボスの怪物のアートブックになっています。「快楽の園」「聖アントニヌスの誘惑」「最後の審判」「干草車」の四枚の絵画に登場する、約90体の怪物たちが図鑑風に紹介されており、ボスの怪物を知っている人でも、知らない人でも楽しめる内容になっています。
 早速詳細を見ていきましょう!


PR
 

表紙と裏表紙


ボスのモンスターブック

 本はハードカバーになっており、一枚一枚の紙が分厚く、想像していたよりかなり上質な紙を使用しています。表紙の英語の文章が金文字となっています。手触りもさらさらしていて、ちょっとリッチな気分。
 帯の文章は完璧にポケ〇ンの影響ですね・・・。街角にボスの怪物がいたら襲われるので、本当だったら逃げましょう。フクロウとかだったらお持ち帰りしたいかも。

ボスのモンスターブック (2)

 本書は、レオナルド・ダ・ヴィンチと同時代に活躍した画家ヒエロニムス・ボスの代表作から抜き出した約90体の魅力的なモンスターを、美術史の文脈にこだわらず、いわば自由に「キャラクター化」し、その生態や特徴を生き生きと解説した「キャラクター・ブック」感覚の「モンスター図鑑」。インスタグラムでフォロワー15万人の人気イラストレーターPantoviscoも参加。
 ボスのファンはもちろん、普段あまり美術に縁のないような読者にも広くアピールする、遊び感覚あふれる内容のアートブック。ハロウィンだけではなく、イラストレーター、アニメーター、デザイナーなどのためのアイデア集としても最適。
―引用「小学館公式HP」より

 説明に書いてあるように、ボスの怪物を見た目と勘で判断し、生態や性格を面白く紹介する内容になっています。、怪物たちが平和に人間たちと共存している世界になっており、美術史の宗教性、象徴性、ダブルイメージなどは完全無視で、見た目だけのモンスターワールドを作り上げています。「これはおかしいw」と思うような記述もありますが、それはご愛敬。大人でも子供でも楽しめる、ボスの怪物図鑑になっています。
 本の中から三体を抜粋して、紹介したいと思います。


伝書犬


ボスのモンスターブック (5)

郵便配達員。鳥のような顔をしているのに犬の身体をもっていて重くて飛べないので、自慢のスケート靴で地を軽々と滑りながらモンスターたちに手紙を届ける。
だが、方向音痴のため、彼に手紙を届けると三か月は届かない。
―引用「ボスのモンスターブック」より
 ボス界の中では「レターバード」として紹介されている怪物が、伝書犬になっちゃいました。身体が犬?犬かな・・・?でも、確かに彼に手紙を預けると、一向に届かなさそうです。届いたとしても手紙がすり替えられていたり、穴が空いていたりと何かとトラブルがありそう(笑)


メタレオン


ボスのモンスターブック (4)

金属オタクが高じて全身を鉄の甲冑に身を包んでしまった鋼鉄職人。彼に頼めば、ハサミから剣からアクセサリーから、金属製品なら何でも作ってくれる。ただ、支払いは硬貨でしか受け取らない。
―引用「ボスのモンスターブック」より
 豚の尼僧にインクを運んでいる、鎧を身にまとったグリロスさんはメタレオン。メタルとカメレオンを合わせたのかと、個人的に解釈。この設定は可愛くて好き。あらゆる金属製品を作ってくれて、硬貨が対価ということはワンコイン500円で仕事をしてくれるんでしょうか。いや、沢山欲しいと言いそうだから、5円玉や10円玉を大量に持って行った方が喜ぶかもしれませんね。こつこつ貯めた貯金箱をプレゼントするのが一番かも。


グリけん


ボスのモンスターブック (3)

足跡を見た人間から巨大なモンスターだと恐れられているが、実際は1.5頭身の彼が歩いた跡。
足が大きいだけで凶暴性はなく、歩いて旅をすることが趣味なので、さまざまなところで足跡が発見され、いわれない恐怖を広めている。
―引用「ボスのモンスターブック」より
 1.5頭身のグリロス君はグリけん。グリロスけんけんの略だと個人的に解釈。このフリーダム設定もいいな、と思いました。彼が旅をして歩いたところに「イエティだ!」「ビッグフットだ!」という噂が広まっていくと思うと、ギャップがあってとても面白いです。一緒に散歩したいな、と思ってみたり(笑)


まとめ


 木男が女の子になっていたり、ミカエル様が女の子になっていたりと、ツッコミどころはたくさんありますが、ところどころに皮肉やブラックの効いた文章があって、楽しく斬新な設定を読むことができます。また、約90体の中にはマイナーなモンスターも登場しますので、「こんな怪物いたんだ!」「この子、どこにいたっけ?あ、ここにいる!」といった楽しみ方もできると思います。
 この本は、ボスの世界観を楽しむ新たなアプローチになるのではないでしょうか。私はお勧めの一冊になります!
 



  PR