ルーベンス展

 2018年10月16日(火)〜2019年1月20日(日)まで、東京の国立西洋美術館にて「ルーベンス展―バロックの誕生 展」が開催されます。近年では最大規模となるルーベンス展となりますので、大注目の展覧会です!
 まだまだ先のことで情報が公開されておりませんが、現在分かる作品と概要をお伝えいたします。

PR
 



内容


 17世紀を代表する画家のひとり、ルーベンス(1577−1640)。スペイン領ネーデルラント(現在のベルギーあたり)で活動した彼の作品は、豊かな色彩や動き溢れる構図によって当時ヨーロッパを席巻した“バロック美術”の見本となっています。
 本展ではルーベンスの作品を中心に、彼が影響を受けた古代美術やルネサンスの作品、そしてルーベンスから刺激を受けたイタリア人画家の作品を一堂に展示します。近年では最大規模のルーベンス展です。
-「ルーベンス展」HPより

 最大規模ということは、100点以上が出展されるのでしょうかね?一年近く前から宣伝しているということは、かなり大きな展覧会になることが予想されます。古代美術にルネサンス、イタリアバロック。ルーベンスにまつわる作品が大量出展!どんな作品が来るのか気になりますね!
 以下に、出展が確定している絵画と、出展はされないけれどその補佐的な絵画をご紹介します。



出展作品


「エリクトニオスを発見するケクロプスの娘たち  1615-16年」
ケクロプスは半人半蛇のアテナイの初代の王です。彼の三名の娘達は、
アテナから「中を見るな」と言われて箱を受け取りました。中に入って
いたのはアテネの息子エリクトニオスと、恐ろしい毒を持った大蛇。
開けてしまった彼女らは、無惨にも大蛇に殺されてしまったそうです。
エリクトニオスを発見するケクロプスの娘たち

「クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像  1615-16年」
ルーベンスにはイザベラとエレーヌの二人の妻がおり、8名の子がいました。
クララは前妻イザベラとの子で、絵画の当時は5歳でした。
とても利発そうで、可愛らしい女の子ですね。しかし・・・。
クララ・ルーベンスの肖像

「クララ・セレーナ・ルーベンスの肖像  17世紀」
※こちらは展覧会で出展されません※
彼女は1611年に生まれ、1623年にペストによって短い生涯を
閉じました。享年12歳でした。この肖像画はクララの死後に描かれた
ようで、ルーベンスの深い無念さと悲しみが伝わってきます・・・。
Peter_Paul_Rubens Clara_Serena_Rubens

「イザベラ・ブラントの肖像  1620-25年」
※こちらは展覧会に出展されません※
前妻イザベラさんの肖像。アントワープの役人の娘に生まれた
彼女は、ルーベンスとの間に3人の子供を残しましたが、34歳で
ペストによって亡くなりました。早すぎる死ですね・・・。
Portrait_of_Isabella_Brant_Peter_Paul_Rubens

「パエトンの墜落 1604-05年」
父アポロンの御車を無理にお願いして借りたパエトンは、制御しきれずに
墜落死してしまったというギリシャ神話の物語。勇気と過信の為に
命を落としたパエトンが劇的に描かれています。
→ パエトンの墜落についての絵画を見たい方はこちら 
Peter Paul Rubens1604

「スザンナと長老たち  1618年」
変態爺さん二人がスザンナを脅しましたが、彼女はそれに動じずに
節操を選んだので、爺さん達は嘘と脅迫の罪で死刑となった物語。
ルーベンスの女性はむっちりタイプですよね。
→ スザンナと長老たちについての絵画を見たい方はこちら
スザンナと長老たち

「ローマの慈愛  1612年」
牢獄に繋がれてしまった父親を助ける為、娘が母乳を与えて
救ったという物語。2012年に来日したそうで、今回また出展されます!
→ キモンとペロについての絵画を見たい方はこちら
Peter Paul Rubens 1612

「眠る二人の子供  1612-13年」
この二人はルーベンスの兄フィリップの子、クララとフィリップ二世と
考えられます。しかし、この子達を残して彼はわずか37歳(1611年)で
死去してしまいます。父の死後一年後に描かれた子供たちの寝顔。
ルーベンスの心境は辛いものがあったでしょう・・・。
眠る二人の子供

「四人の哲学者たち  1611年」
※こちらは展覧会で出品されません※
兄フィリップは学者と秘書を仕事としておりました。左から二番目が
フィリップさん。よく似た兄弟ですね。彼の亡くなった年に描かれた
ので、兄の追悼の意味があったのでしょうか。
800px-Peter_Paul_Rubens_118



概要


会場:国立西洋美術館(東京・上野公園)
時期:2018年10月16日(火)〜2019年1月20日(日)
休館日:月曜日(ただし12月24日、1月14日は開館)、12/28~1/1、1/15


 今のところ巡回展の情報はありません。あと二県ほど回ってくれれば嬉しいんですけどね・・・。あわよくば中部地方にやってきて!ルーベンスは好きな画家なので、展覧会が待ち遠しいです^^

→ ピーテル・パウル・ルーベンスについての絵画を見たい方はこちら
→ ルーベンス展についての公式情報はこちら


  PR