LadyHamilton ヴィジェ・ルブラン 1790 -

 エマ・ハミルトン(1765-1815)は、イギリスの絵画モデルであり舞踏家。ネルソン提督の愛人として知られています。
 彼女はイングランド北西部のチェシャ―州に生まれ、早くに父を亡くして母に育てられました。本名はエイミー・ライオンであるものの、エマ・ハートと改名して家政婦として働きましたが、その美しさと性に奔放であったせいで辞職が続きました。17歳になった頃にはロンドンの名士の愛人となり、絵画モデルとしても働いていました。

 その後、エマは貴族チャールズ・グレヴィルの愛人となり、彼の友人の画家ジョージ・ロムニーに何枚かの絵画を描いてもらっています。別の女性と婚姻したグレヴィルが、エマをイタリアのナポリのサー・ウィリアム・ダグラス・ハミルトンの元へ連れていくと、彼はエマを深く気に入り、公式に結婚する事に決めました。エマはナポリで演技や踊りを混ぜ込んだ見世物を披露し、その魅力は国に広まって王妃マリア・カロリーナとも親しくなりました。

 それから、エマは特使としてやって来たホレーショ・ネルソン提督と、夫公認の愛人関係となりました。エマが36歳の時にネルソンとの娘ホレイシアを出産したものの、二年後に夫ウィリアムが亡くなり、ネルソンは出征してしまいます。残された彼女は寂しさのあまり浪費に走り、ネルソンが戦死した時には財産が残っていませんでした。それどころか借金が重なって家を取り上げられ、借金した者の監獄に入れられてしまいます。負債から逃れる為にエマはフランスへ渡ったものの、酒に溺れて50歳の若さで亡くなってしまいました。
 麗しの栄誉からどん底へ。絶世の美女エマ・ハミルトンを描いた絵画13点をご覧ください。

PR
 



「ジョージ・ロムニー作  1782年」
グレヴィル卿が画家にエマを紹介した時、エマは17歳、ロムニーは
47歳だったようです。エマの美貌、天性の表現性、魔性さに惚れ込んだ
ロムニーは60以上の作品を残しています。
こちらはわんこを抱っこしているエマさん。
George Romney - Lady Hamilton 1782

「ジョージ・ロムニー作  1782年」
こちらはギリシャ神話の魔女キルケとしてのエマ。右奥には動物に
変えられた男達が描かれています。ロムニーは神話や宗教の
人物の扮装をエマに着せ、文学的主題の作品を多く描いています。
→ キルケについての絵画を見たい方はこちら
George Romney, Emma Hart, Lady Hamilton as Circe, 1782

「ジョージ・ロムニー作  1734-1802年」
マグダラのマリアに扮したエマ。こちらはイエス・キリストに救われた
娼婦の女性マリア(キリストの母と混同しないよう、出身地を前に
付けています)を模しています。今までの罪を悔い改めて悔悛する
様子が描かれていますね。
Lady Emma Hamilton penetant Magdalene George Romney

「ジョージ・ロムニー作  1734–1802年」
こちらはギリシャ神話のバッカスの巫女に扮したエマ。バッカスは
酒や酩酊の神であり、古代では実際に女性信者が数多くいたそう。
服をはだけさせながら、笑顔でポーズを取っています。
George Romney   1734–1802 bacchante

エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン作  1755-1842年」
こちらは18世紀の著名な女流画家の作品。ロムニーだけではなく、
エマは多くの画家のモデルとなっています。これはアリアドネを
模しています。アリアドネはデュオニソス(バッカス)の妻となったと
言われているので、酒杯を持ち、神獣である豹の毛皮にもたれています。
Elisabeth Vigée-Lebrun - Lady Hamilton as Ariadne

エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン作 1792年」
ペルシアのシビュラ(巫女)に扮したエマ。古代の地中海では、
何か問題があると神に神託を受ける事を行いました。それを行う
中間役がシビュラであり、地域によって様々な特性がありました。
Vigee Le Brun Lady Hamilton as the Persian Sibyl - 1792

エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン作  1790年」
ルブランさんも何枚も描いていますね。こちらもバッカスの巫女と
してのエマ。彼女を描いた作品はカメラ目線が多いような気がします。
画面越しから目が合い、ドキッとしてしまった人もいるのではない
でしょうか。
LadyHamilton ヴィジェ・ルブラン 1790

ジョシュア・レノルズ作  1723-92年」
こちらもバッカスの巫女に扮したエマ。巫女の人気度が高すぎです。
口に指をやり、流し目でこちらを見つめる美女・・・。いかにセクシーで
ドキッとする絵を描けるかを狙っているような気がしますね^^;
Joshua Reynolds Emma Hart later Lady Hamilton Bacchante

ジョシュア・レノルズ作  1723-92年」
今度は愛の女神ヴィーナスに扮しております。遂に露出度がかなり
高いセクシーな服となっていますね。「こんな格好やポーズは
恥ずかしくてできない!」という女性が多いと思われる中、大胆に
エマはそれをやってのけるから男性が虜となってしまうのか。

 Cupid Untying the Zone of Venus

ヨハン・ハインリック・シュミット作  1757-1821年」
こちらはセクシー路線の絵画とは違い、とても清楚な印象を受ける
作品。髪もくるっとカールしており、容姿も美貌というよりもチャーミング
ですね。
Schmidt, Johann Heinrich

トーマス・ローレンス作  1769-1830年」
こちらは「物思いにふけるエマ」という題のようです。何かの神話的
題材かと思ったら、物思いなのね・・・。河の流れる大自然と美しい
エマのツーショットは、静寂溢れる洗練された絵になりますね。
portrait of Lady Emma Hamilton by Sir Thomas Lawrence

ギャビン・ハミルトン作  1723-98年」
こちらもシビュラ(巫女)に扮しています。手に持っている巻物は
預言の内容を表しています。作者の姓はハミルトンですが、
スコットランド出身なので、エマの夫のウィリアム・ハミルトンさん
とは無関係のようです。
Gavin Hamilton Portrait of Emma Hamilton as a Sibyl 1723-98

ジョシュア・レノルズ作  1723-92年」
愛人のネルソン提督に手紙を書くエマさん。「こういった題材を
描きたい」という画家の希望の作品ばかりが目立ちましたが、
こういった何気ない幸せの一枚といった絵画もあるんですね。
この絵画を見ていると、この後の悲劇が何とも辛いです・・・。
Joshua Reynolds mistress of Lord Nelson  later wife

 絵画モデルと妖艶な舞いで人々を魅了し、短期間で栄光への階段を駆け上がったものの、夫とネルソン提督の死を境に階段を転げ落ちてしまったエマ・ハミルトン。残念ながら彼女は夭逝してしまったものの、エマとネルソンの娘ホレイシア・ネルソンは生き延び、イングランド国教会の牧師であるフィリップ・ワードと結婚し、10人の子供を授かったようです。ホレイシアは1881年に80歳で息を引き取りました。
 ホレイシアは母親に似て、美貌&魅力的であったようで、こんな絵画が残されています。


「イギリスの工房の画家  19世紀」
バッカスの巫女に扮したホレイシア・ネルソン。
かつて母がこなした絵画モデルを、美しく大胆にこなしていますね。
Horatia_Nelson,_by_British_School_ 19th




  PR