St Ursula Virgins The Master of the Legend of Saint Barbara -

 聖ウルスラは4世紀頃に生きたとされる、ブリタニア出身の伝説の聖女です。
 「黄金伝説」によると、ブリトン人の王の娘であったウルスラは、異教徒であるイングランドの王子に求愛されます。彼女は結婚を承諾する条件として、「キリスト教徒に改宗する」「十人の同伴者と11000人の乙女を集める」「ローマへの巡礼の旅に出る」という約束を取り付けました。王子は了承し、ウルスラは11000人の乙女を連れてローマへ巡礼の旅に出かけたのです。
 無事にローマ巡礼を果たした一行でしたが、帰り道に悲劇が訪れます。ケルン(ドイツ)で北アジアの遊牧騎馬民族であるフン族に襲われ、11000人の乙女と共に虐殺されてしまったのでした。ウルスラと乙女たちはケルンで丁重に葬られ、聖ウルスラ教会が建立されたそうです。
 罪なく殺されたウルスラと乙女たちの絵画13点をご覧ください。

PR
 



ヴィットーレ・カルパッチョ作  1495-1500年」
ウルスラは求婚したイングランド王子に「キリスト教の改宗、
ローマへの巡礼、同伴者を付ける」という三つの条件を出します。
彼はOKし、
巡礼の後に結婚式を挙げることになったのでした。
ウルスラと王子の出会いと出立が描かれています。
Encounter departure betrothed Vittore Carpaccio 1495-1500

ヴィットーレ・カルパッチョ作  1490年」
無事にローマ巡礼を終え、ケルンへと到着したウルスラ一行。
しかし、そこで悲劇が待ち受けていたのでした・・・。
武器を持った男達がたむろしており、不穏な雰囲気です。
Arrival in Cologne Vittore Carpaccio 1490

ヴィットーレ・カルパッチョ作  1493年」
ケルンを包囲していたフン族によって、ウルスラと大勢の乙女達は
殺されてしまったのでした。見にくいですが、殉教場面とウルスラの
葬儀の場面が描かれています。カルパッチョさんはこの物語に
思い入れがあったようで、8枚もの作品が残されています。
Martyrdom Pilgrims Funeral of St Ursula Vittore Carpaccio 1493

「マグダラのマリアの伝説のマスターの工房作  1520年」
ウルスラに弓矢を向けるフン族たち。その恐怖の状況にも毅然と
した態度で立ち向かっています。乙女と同伴者達はうろたえている
ようですね。
Circle of Master of the Legend of the Magdalen 1520s

「聖ウルスラの伝説のマスター作   1492-96年」
乙女の死体が転がる無残な状況の中、聖ウルスラは中央で
後光を輝かせて立っています。傍らにいるのは乙女じゃなくて
男性のように見えるのですが・・・。婚約者は一緒について来て
いなかったような。やっぱり乙女の一人なのかな?
Maestro de la Leyenda de Santa Úrsula de Brujas 1492-96

「ハンス・メムリンク作  1489年」
北方ルネサンスの巨匠メムリンクもこの画題を描いています。
至近距離で矢を撃ち込まれようとしているウルスラ。
おじさん達が寄ってたかって女性に攻撃しようとするなんて、
伝説にしたって残酷すぎますね。
Hans Memling, The Martyrdom of Saint Ursula 1489

「聖ウルスラの聖遺物箱 全体像 1489年」
上記のメムリンクの作品は、こちらの聖遺物箱の手前に描かれて
います。この聖ウルスラの聖遺物を納めたとされる容器は、
ベルギーにあるメムリンク美術館(聖ヨハネ施療院)にあるそう。
人生に一度は見てみたい美しい作品ですね!
Hans Memling 1489
(画像元)

「ドイツ出身の画家作  16世紀」
11000名の乙女と共に船に乗っている聖ウルスラ。右側は
ローマ巡業の際の教皇だと思いますが、既にフン族が女性の
一人を襲うとしています。異時同図法でシナリオ展開が高速ですw
The Martyrdom of Saint Ursula  German school 16th

「Lorenzo Pasinelli 作  1629-1700年」
潔白を表す白い旗を掲げる聖ウルスラと、殉教をしていく乙女達。
作者はバロック時代ですが、約100年後に萌芽するロマン主義の
ドラクロワを彷彿とさせる作品です。
The Martyrdom of St. Ursula  Lorenzo Pasinelli

バーナード・ストロッツィ作  1581-1644年」
ものすごく至近距離で矢を撃ち込まれる聖ウルスラ。
上記のような悲劇の中にも気丈さや気高さが感じられる作品とは
異なり、死の瞬間の悲劇さ、劇的さが前面に表現されています。

Bernardo Strozzi, The Martyrdom of Saint Ursula

「シュテファン・ロッホナー作  1430年」
これらの物語の影響で、ウルスラのアトリビュート(持物)は矢と
乙女とされています。左手に持っているのは棕櫚の葉で、これは
殉教の象徴です。ウルスラのマントに隠れる可愛らしい乙女達。
Stefan Lochner Saint Ursula  1430

「聖バルバラの伝説のマスター作  1470-1500年」
胸に矢を撃ち込まれたウルスラの元に集う乙女と聖職者たち。
天使達も天幕を引っぱるお手伝いです。
St Ursula Virgins The Master of the Legend of Saint Barbara

ヴィットーレ・カルパッチョ作  1491年」
ウルスラを中央にして、頭上には神、足元には複数の乙女達。
11000名を描いてやる!という作者の意気込みが感じられる
ようです。(流石に画面に入れるのは不可能ですが・・・^^;)

CARPACCIO, Vittore 1491

フランシスコ・デ・スルバラン作  1598-1664年」
乙女達や棕櫚の葉などは一切排し、ただ一本の矢でウルスラを
表現しているシンプルな作品。「私はこの矢で殉教したの」と
私達に訴えかけているようですね・・・。

Saint Ursula by Francisco de Zurbarn

 古典的なフランドル絵画には、「マグダラのマリアの伝説のマスター」「聖ウルスラの伝説のマスター」「聖バルバラの伝説のマスター」という名前で紹介されている事があります。それは実際の名前が分かっておらず、研究者達が分類しやすいよう、便宜上つけられた名前なのです。なので、「マグダラのマリアの伝説のマスター」はマグダラのマリアの作品を描いており、それがそのまま名前となってしまった感じです。
 研究者が「この聖ウルスラの作品は、あのマグダラのマリアの時代と筆致が似ているな。同一人物なのかな。よし、調査したところ同じ作者っぽいから、マグダラのマリアの伝説のマスター作としておこう」と言った感じなのだと思います。
 マスターは絵画工房のトップを担っていた者のことで、参考書によって「親方」と訳されていましたが、この記事ではそのままマスターと表記させていただきました。今後の研究が進むにつれて、もしかしたら彼等の本名が判明するのかもしれませんね^^


→ ハンス・メムリンクについての絵画を見たい方はこちら
→ アトリビュートについての絵画を見たい方はこちら
→ ヴィットーレ・カルパッチョの聖ウルスラの絵画、8枚全てを見たい方はこちら〈英語〉


  PR