Charles Stanley Reinhart 19 -

 魔女狩りでは残虐すぎる拷問が行われていました。
 15~17世紀にかけて魔女狩りは激化していき、悪魔と結託したという容疑で逮捕された犠牲者は、いくら身の潔白を主張しても無駄に終わります。必ず有罪になる裁判が行われ、拷問部屋へ連れていかれました。そこでは非道すぎる様々な拷問が行われており、犠牲者はあまりの苦痛に「私は魔女です。悪魔と結託しました」と白状をするか、拷問によって死ぬしかなかったのです。そして、嘘の白状をして拷問室から逃れたとしても、魔女である罪で火あぶりにされて処刑されてしまいます。魔女の容疑にかけられたら、逃げ道はどこにもないのです。
 むごすぎる拷問の挿絵や絵画、11点をご紹介します。なお、作品の作者が不明なものが多いですが、パブリックドメインと判断して掲載させていただきます。以下閲覧注意です!


bottan_03_01