メメント・モリ -西洋美術の謎と闇-

ダークサイドの西洋美術にまつわる絵画や展覧会、グッズ情報をご紹介。

パンドラ

ケクロプスの娘達の絵画13点。開けてはならぬ禁断の箱とヘルメス神との愛憎物語

Mercury Herse  Aglauros by Louis-Jean-Francois -

 あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願い致します^^ 2019年一発目の記事はこんな内容です。

 アテナイの王ケクロプスの娘達は、禁断の箱を開けて破滅した話と、ヘルメス神を巡る愛と嫉妬話の二つのギリシャ神話の逸話に登場します。
 娘達はアグラウロス、ヘルセー、パンドロソスの三人姉妹で、ある日彼女たちはアテナイの守護女神であるアテナから箱を預けられました。「開けてはならない」と厳命されていたにも関わらず、アグラウロスとヘルセーは興味に負けて開けてしまいます。入っていたのは下半身が蛇の赤ん坊エリクトニオス。この赤子はヘパイストスの暴走(?)によって産まれた子で、アテナは一人前の子に育てようと蛇と一緒に箱に入れていたのでした。禁断を侵した二人は蛇に噛み殺されたとも、アテナの怒りを買って気が狂い、アクロポリスから身を投げたとも言われています。

 また異なる逸話によると、姉妹達はアテナの約束通りに箱を預かっていましたが、アグラウロスだけが中身を見てしまい、「開けたよ~」とカラスが女神にそれを知らせました。この時アテナは彼女の所業を許したかに見えましたが、実は根に持っていました。月日は流れ、ヘルセーがヘルメス神と恋仲になりました。アグラウロスは激しい嫉妬を覚え、二人の仲を引き裂こうとあらゆる事を行います。この感情を生じさせたのがアテナであり、女神は嫉妬の擬人に「やってちょうだい」と頼んだのでした。ヘルメスが家に再びやってきた時、アグラウロスはヘルセーの部屋の前に座り込み、「私の方が良いのよ!」と神の侵入を妨害しました。怒ったヘルメスは彼女を石に変えてしまったそうです。
 では、ケクロプスの娘達にまつわる絵画13点をご覧ください。

bottan_03_01

ギリシャ神話のパンドラの絵画13選。誘惑に負け、災厄入りの禁断の壺を開ける乙女

John William Waterhouse -

 ギリシャ神話に登場するパンドラは「全ての贈り物」という意味で、地上の災いの為に神々によって送られた、人類最初の女性です。
 人類に味方をして神々から火を盗んだプロメテウスは捕まり、酷い拷問を受けることになりました。→ プロメテウスについて知りたい方はこちら 怒ったゼウスは人類にも罰を与えることにし、ヘパイストスに絶世の美女を作るよう命じ、神々によって様々な能力を与えられてパンドラは完成しました。パンドラはピトスという入れ物(かめ、壺)を「絶対に開けてはいけない」と言われて持たされ、プロメテウスの弟であるエピメテウスの元へ送られました。
 美しいパンドラを見たエピメテウスは一目惚れをし、結婚をすることに決めました。ある日、パンドラは好奇心から神々からもらった壺を開けてしまいます。すると、そこからあらゆる苦悩や悲しみなどの災いが飛び出してきてしまいました。慌ててパンドラは蓋を閉め、自らが犯した過ちに絶望してしまいますが、底にエルピス(希望、期待の意味)が残っており、もう一度蓋を開けることによって儚い希望が空へ飛び立っていったのです。
 ゼウスの思惑によって地上に災いを蒔いてしまった女性、パンドラの絵画13点をご覧ください。


bottan_03_01
プロフィール
aicon

管理人:


中世ルネサンスのシュールな絵画をこよなく愛する。
師匠はヒエロニムス・ボス。
神秘とダークな作品情報を皆様と共有していきたいと思います。

button

メメント・モリについて

アーカイブ
記事検索
記事検索
  PR
【異形の怪物LINEスタンプ】
line logo2


ブログランキング・にほんブログ村へ

―最新記事をお届け―

buttons

buttons - コピー (2)

buttons - コピー

PC用広告