Donn Phillip Crane -

 フレイとフレイヤは北欧神話に登場する、ヴァン神族の兄妹(文献によっては双子)です。
 ある日、オーディン率いるアース神族とニョルズ率いるヴァン神族の間で戦争がありました。戦いは長期間続き、互いは相当疲弊していたので、和平条約を結ぶことになりました。条約を締結する際、互いに人質を交換することにし、アース神族からはヘーニルとミーミル、ヴァン神族からはニョルズ、フレイ、フレイヤがやって来ました。こうしてヴァン神族の三名はアースガルズへやって来たのです。
 フレイは妖精界の王子で、豊穣や平和、財産などを司っています。婚礼の儀式にフレイに動物の生贄が捧げられることもありました。彼はかなりのロマンチストで、巨人族の娘ゲルズに恋をして病んでしまうほどでした。一方、女神フレイヤは愛と美を司る絶世の美しさを誇る女神で、かなり性に奔放でした。その奔放さはロキに「お前の周りの男はみんな情夫だろ」と悪口を言われてしまう程。オーズという夫を持ち、娘にフノスがいます。
 そんなフレイとフレイヤに関わる絵画と挿絵、13点をご覧ください。


bottan_03_01