Lorenzo Lotto 1549 -

 ヴェローナの聖ペテロは13世紀に殉教した聖人です。
 イタリアのヴェローナ出身の聖ペテロはペトルス、ピエトロとも呼ばれ、ドミニコ会の修道士でした。ある日、彼が仲間のドミニクと共にミラノで布教をしていると、背後から暗殺者たちが現れました。首謀者はカリーノ・ピエトロ・ダ・バルサモで、異端者だった彼はカトリック教の者を憎んでいたのです。暗殺者たちはドミニクを攻撃し、ペテロの胸にナイフを突き刺し、上頭部に鉈(斧という説も)を一撃させました。ペテロはドミニクの膝の上に倒れ、「私は神を信じます」と血文字で書きながら息絶えたとされています。彼の遺体は教会へ運ばれ、多くの奇跡が起こりました。その一年後にペテロは列聖されました。
 聖ペテロのアトリビュートは頭の鉈と、胸の短剣。暗殺された武器そのままが彼の持物になってしまいました。悲惨な殺された方をした為に、シュールになってしまった聖人の姿をご覧ください。
→ アトリビュートについて詳しく知りたい方はこちら


bottan_03_01