メメント・モリ -西洋美術の謎と闇-

ダークサイドの西洋美術にまつわる絵画や展覧会、グッズ情報をご紹介。

中世美術

テンプル騎士団の絵画13点。十字軍を率いたが、異端とされて火刑となった組織

Claude Jacquand  1846 - コピー

 テンプル騎士団は12‐14世紀頃に活躍した、エルサレムへの巡礼者を守護する騎士団の一つです。
 第一回十字軍が成功し、西洋人の手によるエルサレムの統治が行われましたが、治安は非常に悪いものでした。そこで、巡礼者が安全に歩けるようにとユーグ・ド・パイヤンが1118年に9名の有志を募って「キリストの貧しき騎士」を名乗り、道の安全を守りました。彼等の行為は高く評価を受け、かつて神殿のあった場所を王が授けた為に「テンプル騎士団」と呼ばれるようになりました。

 彼等は修道士であると同時に戦士であり、厳しい戒律を有していました。その勇猛果敢さはお墨付きで、数々の戦いに参加して勝利を収めました。組織が拡大するにつれ、独自の財務管理や銀行のようなシステムを持つようになり、テンプル騎士団は全ヨーロッパに広がっていきました。他にも騎士団は無数にありましたが、テンプル騎士団が最も強い権力を持つようになったのです。しかし、財力や権力が高まれば、周囲からの風当たりは強まるもの。イスラムとの戦争で総長が戦死すると、テンプル騎士団の威信は地に落ちて行きます。さらにフランス王フィリップ4世は騎士団の財産を欲しており、壊滅を図ろうと「奴らは男色と悪魔崇拝をしている」として、彼等を起訴してしまいます。1307年、騎士団の者は一斉に逮捕され、嘘の自白をするまで徹底的に拷問をされます。教皇クレメンス5世もフィリップ4世とグルであり、テンプル騎士団の解散を命じました。四名の指導者は口封じのために火あぶりにされ、騎士団は崩壊してしまったのです。
 権力に潰された悲劇の組織、テンプル騎士団についての絵画13点をご覧ください。

bottan_03_01

旧約聖書のソドムとゴモラの絵画13点。ロトの家族は天罰で滅びゆく都市を脱出する

Benjamin West  1810 -

 ソドムとゴモラは旧約聖書に登場する、天罰を受けて滅亡してしまった都市です。
 この二つの都市は堕落しきっていた為に、神は滅ぼすことに決めました。預言者アブラハムは救済を願い出たので、神は「なら、正しき者は救おう」と二人の御使いを送り出します。すると、都市に住むアブラハムの甥、ロトの元に二人の客人が現れます。ロトは快く彼等を家へ招き入れてもてなしました。しかし、よそ者を嫌う都市の者達が現れ、「二人をつまみ出せ!」とロトを脅します。彼は娘達を差し出そうとしてまで客人を守ろうとしたので、御使いは正体を明かし、ならず者たちを盲目にさせました。そして「神は都市を滅ぼすつもりだから、お逃げなさい」とロト達を促し、避難をさせました。その時に「決して振り返ってはならない」と警告を受けていたのにも関わらず、ロトの妻は背後を振り返ったので、塩の柱に変えられてしまいました。ロト達は悲しみに暮れながらも洞窟へ隠れ、助かります。こうしてソドムとゴモラの都市は硫黄と炎に包まれ、天罰によって滅亡してしまいました。
 脱出をするロト達と、滅びゆく都市の絵画13点をご覧ください。

bottan_03_01

ヴラド三世の絵画13選。串刺し公と呼ばれ、ドラキュラのモデルになったワラキア君主

Ambras Castle 1560 -

 ヴラド三世は15世紀に生きたワラキア公国(ルーマニア南部)の君主です。冷酷で非情とも思える統治をしていた為、串刺し公(ヴラド・ツェペシュ)、ドラキュラ公とも呼ばれていました。
 ヴラド三世は1431年にヴラド二世の次男として生まれました。彼が十代の時に、弟と共にオスマン帝国の人質となります。その三年後に父と兄が暗殺され、ヴラディスラフがワラキア公の地位に付きますが、ヴラド三世が帝国を利用して、君主の座を奪います。一度は失脚したものの返り咲いたヴラド三世は、反対派の貴族を虐殺し、権力の絶対化を進めました。彼は支援者だったオスマン帝国に反逆し、使者を串刺しにして返したので、帝国との戦争が始まりました。帝国のメフメト二世がワラキア公国へ攻め込んできた際、ヴラド三世はゲリラ戦や焦土作戦を使って反抗し、彼の兵士を大量に串刺しにして見せつけました。メフメト二世はこのショッキングな光景によって戦意を失い、撤退したとされています。

 しかし、今度はオスマン帝国がヴラド三世の弟ラドゥを支援し、ヴラド三世を失脚させます。彼は落ち延びた先のハンガリー王に捕らえられ、12年間幽閉されてしまいます。解放後、ヴラド三世は正教会からカトリックに改宗し、立て直しを図り、三度目のワラキア公になることができたものの、1476年にオスマン帝国と戦って戦死してしまいます。享年45歳でした。
 権力や国土の為なら残酷なことも辞さない、恐ろしきヴラド三世に関係する絵画13点をご覧ください。

bottan_03_01

のこぎりで切られて殉教したイザヤの絵画12点。真っ二つになってしまった預言者

Bible 16th -

 「イザヤ書」の著者であるイザヤは、紀元前8世紀頃に生きた預言者です。
 彼はイスラエル王国に対する神の裁きと救済、メシアの到来などを預言し、信仰や罪の悔い改めを説きました。イザヤの死について確かなことは分かりませんが、初期キリスト教時代に執筆された書物「イザヤの殉教と昇天 」によると、彼はユダ王国の王マナセに捕まり、身体をのこぎりで二つに切られて殉教したとされています。この衝撃的な殉教の仕方は人々に強い印象を与えたのか、中世写本を中心に作品が残されています。中世時代の画風なので、エグくて恐ろしいことをやっていても、どこかシュールでちょっと変に見えてしまう作品ばかりです。
 預言者イザヤの殉教の絵画、12点をご覧ください。以下、閲覧注意となります!
→ イザヤについてもう少し詳しく知りたい方はこちら

bottan_03_01

旧約聖書の預言者イザヤの絵画12点。イザヤ書を手掛け、神の裁きを伝えた者

Michelangelo 1508-1512 -

 イザヤは紀元前8世紀頃の預言者で、旧約聖書の「イザヤ書」の著者です。
 名前はヘブライ語で「ヤハウェの救済」を意味します。ユダ王国後期に生きた彼は、王国の不実性を批判し、神の激しい天罰と後の復興を預言しました。イザヤは神の裁きと救済を強調し、神への信仰と罪の悔い改めを繰り返し唱えました。また、彼はイザヤ書の中で救世主「メシア」の到来を預言しています。メシアはイスラエルに平和をもたらし、正義の統治者として君臨します。当時のイスラエル王国はアッシリア帝国からの攻撃を受けており、ユダ王国は傾いていました。イザヤはこういった社会状況に敏感に反応し、国家への警告としてこの「イザヤ書」を手掛けようとしたではないでしょうか。
 
 また、イザヤの死後については初期キリスト教の時代の書物に、伝説として書かれています。その書はイザヤの殉教、イザヤの幻、イザヤの昇天の3部から成っています。彼はユダ王国のマナセ王によって捕らえられ、のこぎりで身体を切られて殉教したと伝えられており、教会の建設や最後の審判、アンチキリストの出現を預言したとされています。第3部ではイザヤは天へ上昇し、キリストの受肉や十字架の死、辺獄降下とキリストの復活を語っています。
 預言者イザヤの絵画、12点をご覧ください。

bottan_03_01

石を投げられ殉教した聖人、聖ステファノの絵画14選。石のある場所に個性が表る

Luca Signorelli, Saint Stephen, late 15th century -

 聖ステファノは新約聖書に登場する聖人です。キリスト教徒で最初に殉教した者と考えられています。
 キリストが昇天して数年が経った頃、ギリシャ語を話すユダヤ人とヘブライ語を話すユダヤ人の間でいさかいが起きました。ギリシャ語を話す者は、教会からの配当が充分に受けられないから不平等だというのです。そこで、教会側はキリスト教の代表者である12使徒以外に、7名を選抜して配当を補佐する役目を与えました。その7名の中にステファノは入っていました。
 しかし、ある日ステファノはキリスト教を憎んでいる人々に「あいつは神殿を破壊しようとしている」と濡れ衣を着せられてしまいました。裁判に掛けられたステファノは人々に対して「ユダヤ人は今も昔も大きな過ちを犯している。救世主の命を奪い、神を裏切っている」とはっきりと述べました。それに対してユダヤ人たちは大いに怒り、彼を石打ちの刑で殺してしまいました。ステファノは「罪を彼等に負わせないでください」と言いながら殉教したと伝えられています。
 聖ステファノの絵画14点をご覧ください。


bottan_03_01

どうしてこうなったキリストの絵画12点。救世主よ、顔が溶けておられます 【第二弾】

joos-van-cleve-christ-as-salvator-mundi -

 キリスト教の始祖イエス・キリストは過去から今まで、数多くの画家に描かれてきました。ピエタや悲しみの人、磔刑など新約聖書のすべての物語は絵画で表現されてきました。長い期間の間に「茶の肩までの長髪で、髭を生やした痩せた男性」というキリスト像は形成され、固定化されてきました。人類の救世主であるキリストは、思慮深く、静かで賢者そうな雰囲気を称えた感じに表現される作品がほとんどです。
 しかし、中には「どうしてこうなった?」と思える作品が存在します。わざとこうしたのか、勝手にこうなってしまったのか。画家はどう思ってその作品を描いたのか。疑問が多数に浮かぶ作品が、中世時代だけではなく、ルネサンスやバロック時代の絵画でもあります。
 「どうしてこうなった」と思えるキリストの絵画、12点をご覧ください。段々とレベルが高くなっていきますよ。


bottan_03_01

キリスト「悲しみの人」の絵画14選。罪を背負って苦しみ血を流した救世主の肖像画

Jan Mostaert 1475 - 1555 56 -

 「悲しみの人(Man of Sorrows)」はキリストを表現する作品の中において、苦しみ悲しんでいるキリストの肖像的な宗教画のことを指します。基本、胸の傷と手の釘の傷を見せた姿で描かれ、時には茨冠を被ったり、十字架や棺桶、拷問具などがあったり、天使が共に描かれたりします。悲しみの人の作品の萌芽は8世紀頃のビザンチンのモザイク画より始まったとされ、13世紀頃に西洋に普及し、特にフランドル地方に多く見られました。これらの作品を観る事で、敬虔な信者の方はキリストに深い敬愛と祈りのイメージを覚えるのです。
 神秘的であり酷くもある「悲しみの人」の絵画14点をご覧ください。


bottan_03_01

修道院にエイリアンのガーゴイル像が現る!再建した際、SF界の有名な怪物を設置

Paisley_Abbey_New_Gargoyles  (8) -

 ペイズリー修道院はスコットランドのペイズリーという町にある、プロテスタント系の教会です。
 教会の礎は7世紀頃にできたとされ、13世紀頃にエル修道院が建てられました。しかし、何度かの火災にあい、16世紀には修道院は廃墟になってしまいました。それを再建したのが建築家Macgregor Chalmers という者で、修復は1858‐1928年の間に行われました。彼の死後も続けられ、ペイズリー修道院は復活するに至ったのです。
 1900年初頭の再建の際、南西の回廊の上にあった、12体のガーゴイル像は新しく取り替えられました。→ ガーゴイル像について知りたい方はこちら  11体は中世時代にならったガーゴイル像なのですが、残りの1体は何を想ったのか、1979年に上映された有名SF映画「エイリアン」をモチーフにした像を作ってしまったのです。
 ペイズリー修道院の本気とジョークが溢れた12種類のガーゴイルをご覧ください。


bottan_03_01

ガーゴイル像の彫刻13点。教会や修道院の雨どいに付いた、魅力ある怪物たち

Marble Orchard - Matthews, Greenwood Cemetery, Brooklyn, NY -

 ガーゴイルは雨どいの機能を持つ、怪物をかたどった彫刻のことを指します。
 西洋建築の屋根にガーゴイルは設置され、雨どいから伝って来た雨が怪物の口や様々な場所から流れるように設計してあります。ガーゴイルは教会や修道院などにも設置されており、その理由は魔除けという意味や、逆に聖なる土地へ怪物が入れないことを示す為、聖なる地の罪を外へ吐き出す為、異教が混じり込んだ為など様々な説があります。ガーゴイルという名前はうがいするガボガボという音から派生したとされます。ガーゴイルというと羽の生えた悪魔や獣の姿を思い浮かべますが、動物型や人間型など様々なタイプのものが存在します。
 個性的なガーゴイル像の彫刻13体をご覧ください。


bottan_03_01
プロフィール
aicon

管理人:


中世ルネサンスのシュールな絵画をこよなく愛する。
師匠はヒエロニムス・ボス。
神秘とダークな作品情報を皆様と共有していきたいと思います。

button

メメント・モリについて

アーカイブ
記事検索
記事検索
  PR
【異形の怪物LINEスタンプ】
line logo2


ブログランキング・にほんブログ村へ

―最新記事をお届け―

buttons

buttons - コピー (2)

buttons - コピー

PC用広告