メメント・モリ -西洋美術の謎と闇-

ダークサイドの西洋美術にまつわる絵画や展覧会、グッズ情報をご紹介。

双子

双子の西洋絵画13点。うり二つの姿で生を授かった双生児の微笑ましき肖像画

Portrait Twins Clara and Aelbert de Bray 1646 Salomon de Bray -

 一度の妊娠で二人の命を授かる双子。双子には一卵性と二卵性がありますが、一卵性双生児が生まれる確率は約0.4%、二卵性双生児が生まれる確率は約0.2~1.6%であるようです。
 古代の西洋では、双生児は特別な力を持つとも考えられていました。 ギリシャ神話のアポロンとアルテミスやカストルとポルックス、ローマ建国神話のロムルスとレムス、旧約聖書ではエサウとヤコブ、一説にはミカエルとサタンが双子とされています。双子は遺伝子が同じ、もしくは類似している為によく似た性質を持つものの、時には互いに反目する存在として見られています。
 そんな神秘的な側面を持つ双子ですが、彼らをこよなく愛した家族は、たくさんの肖像画を現代に残しています。では、双生児の肖像画13点をご覧ください。一部なんか違うのもありますのでご了承ください^^;
bottan_03_01

ロムルスとレムスの絵画13選。狼に育てられ、ローマの創始者となった双子の兄弟

Jacques Laurent Agasse, 1805 -

 ロムルスとレムスはローマを建設したとされる、伝説の双子の兄弟です。
 双子はギリシャ・ローマ神話の軍神マルスと、人間の王族の娘であるレアとの間に産まれました。しかし、レアの父であるヌミトル王は弟のアムリウスに王権を奪われ、国は彼の天下にありました。アムリウスは双子が大きくなった時に復讐するのではないかと恐れ、彼等を川に捨てました。ですが、双子は狼に養われ、後に羊飼いの夫婦に育てられて成人し、やがてヌミトル王と出会います。ロムルスとレムスは祖父と協力をしてアムリウスを倒し、祖父を復権させました。
 それから、双子は自分たちが拾われた場所に国を建てようと相談します。どちらが支配者になるかを決める為、二人は鳥占いをして、兄のロムルスが選ばれます。ロムルスは牛にひかせた犂(すき)で聖域を線引きしました。しかし、結果が気に喰わないレムスは線を飛び越えてしまいます。それに怒ったロムルスは弟を殺し、聖域を侵す者は誰であろうと殺すと明言し、ローマの絶大な支配者になりました。紀元前753年の事であり、ロムルスは40年間ローマを統治し、何処かへ消えていきました。
 権力と嫉妬が渦巻くロムルスとレムスの絵画、13点をご覧ください。


bottan_03_01
プロフィール
aicon

管理人:


中世ルネサンスのシュールな絵画をこよなく愛する。
師匠はヒエロニムス・ボス。
神秘とダークな作品情報を皆様と共有していきたいと思います。

button

メメント・モリについて

アーカイブ
記事検索
記事検索
  PR
【異形の怪物LINEスタンプ】
line logo2


ブログランキング・にほんブログ村へ

―最新記事をお届け―

buttons

buttons - コピー (2)

buttons - コピー

PC用広告