Giacomo CERUTI  1736 -

 西洋の中世時代は厳格な身分制社会でした。
 裕福層と貧民層が明確に分けられ、貧民の者が富を手に入れることはごくまれで、基本は産まれた地位のままで生を終えました。そして、身分社会の底辺で生き抜く人々が「物乞い(乞食)」です。物乞いとして生きる人々は病気や怪我の治療もままならずに道端で命を落とし、名も知られないまま葬られてしまいます。共同墓地にすら入れられない場合もあります。
 このテーマは難しい問題を含んでいる為、気を付けたつもりですが不快な表現がある場合があります。それでは、下層の人々の絵画11点をご覧ください。


bottan_03_01